HOME > サービス案内 > 社会福祉法人向けサービス

社会福祉法人向けサービス

顧客志向

長期的視点

専門性

「顧客にとってベストは何か」
を常に考え、状況に応じ様々な視点から検討します。

家族を含むサービス利用者、組織の支援者、役員・職員、取引先等、それぞれの視点を考慮し判断材料を提供します。

 「イコールフッティング」に
関する議論が高まるなか、横並び体質から脱却し、自立した法人運営が求められています。

過去・現在の延長線上にある将来の組織の姿について、取り巻く環境の変化を予測し、組織の意向に沿った長期的視点からサポートを行います。

安心の実績
・セミナー実績多数
・相談実績多数
・これまでの担当実績多数

社福向けソフトに精通
資金収支科目の適正な設定なしに、正しい計算書類は作成できません。
PCA社会福祉法人会計・SWING財務会計に精通するほか、各種ソフトに対応。



このようなお客様のご要望にお応えします!



社会福祉 このようなお悩みの方に



問い合わせ先


>>サービスメニュー
バー(紺)

A:会計、税務顧問 月額      3万円から
B:会計、税務顧問 + 記帳代行 月額     5万円から
C:会計、税務顧問 + 経理アウトソーシング 月額  13万4千円から
D:決算書レビュー  一回     5万円から
E:新会計基準移行支援
   ※移行支援業務の詳細にはこちら
一式    25万円から
F:会計ソフト導入支援 一式    10万円から



>>実際の関与例
バー(紺)


1.制度理解は深まっているものの、必要に応じ、アドバイスが得られると安心だ

⇒ A:運営顧問

2.経理体制は整っているものの、確かな処理のため、専門家のチェックを受けたい

⇒ B:決算書等のレビュー


3.複雑かつ年1業務で習熟が困難な定期提出書類(特に財務関連)のみ、作成依頼したい

⇒ C:定期提出書類作成(事業報告等)


4.組織全体の制度理解を深めるため、役員・会員向けセミナーを依頼したい

⇒ D:役員・会員向けセミナー


5.認定基準を見据え、適時に最良の判断ができるようサポートを受けたい

⇒ E:会計、税務顧問
    F:会計、税務顧問 + 記帳代行
     G:会計、税務顧問 + 経理アウトソーシング


問い合わせ先




>>新会計基準へ移行の流れ
バー(紺)


社会福祉法人 新会計移行



TOPへ戻る



ホームへ戻る