CASE
事例紹介

多数の不動産と借入金を抱える不動産オーナー 子世代への平等な財産承継を提案
顧客名
G様
お悩みの背景

都内に多数の不動産を所有しているG様。資産が多数ある一方、アパートの建築のために多額の借入金も抱えており、子世代への公平な財産承継をどのように果たせばいいのか分からないので相談に乗って欲しいという要望だった。

課題
  • 相続税がどの程度発生するのか分からず不安
  • 分割協議に任せて子供たちが公平に相続できるのか不安
  • 遺言書を作成したいが進め方が分からない
成果
  • 相続税を正確に把握することで漠然とした不安解消のお手伝いができた
  • 相続税を最小化できるよう2次相続まで含めた分割計画案を作成した
  • 相続で揉めないよう公正証書遺言を作成した
この相談事例を解決するまで

相続税の試算

  • 財産評価に基づく実際に申告するレベルでの詳細な試算を実施

分割計画案の検討・作成

  • 1次相続、2次相続を考慮して、相続税を最小化できる分割計画を検討
  • 子世代が公平に相続するための分割計画案を作成

公正証書遺言の作成支援

  • 公証人との打ち合わせを含め、遺言書の作成を全面的に支援
提案したソリューション
相続税の試算 分割計画の検討・作成 公正証書遺言の作成サポート
担当者からのコメント
相続を考えるにはまず、相続税を正確に把握することが不可欠です。不安を解消するため具体的な財産調査を行い、概算ではなく実際に申告するレベルでの財産評価による試算を行いました。
また、財産を最終的にどのように分配するかという着地点を見つけ、分割計画案を作成しました。
それらの内容を遺言書として残すことで、親の思いを子世代に伝えるお手伝いができたと考えています。

この事例のサービスは…相続・事業承継・M&A(相続税対策、相続税申告)
お問い合わせ・ご相談
お困りごとやご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。