CASE
事例紹介

親族内で株式が分散 従業員持株会を活用した事業承継対策
顧客名
A社
業界・業種
製造業
お悩みの背景

親族内で株式が分散している状況が長年続いていたA社。特に、経営に関与していない親族や、現社長の親世代の親族が株式を数多く保有していたため、今後の会社運営だけでなく、相続対策の観点からも手当てをする必要があった。

課題
  • 経営に関与してしない親族に株式が分散している
  • 株価が高いため、相続税や贈与税の負担が高額になる
成果
  • 従業員持株会を組成し親族の株を譲渡した
  • 従業員持株会への譲渡価額は、税務上の配当還元方式に基づき低い株価で移すことができるため、相続財産を圧縮することができた
  • 従業員持株会を通じて、従業員が株式を保有することで、モチベーションのアップに繋がった
この相談事例を解決するまで

この事例を解決するために、ペンデルでは新規に従業員持株会を組成しご提案いたしました

提案したソリューション
従業員持株会の組成
担当者からのコメント
非上場企業において従業員持株会の組成は、事業承継対策の一環として活用されるケースが多いですが、その主な目的は、従業員のモチベーションアップである点を忘れてはいけません。そのため、従業員持株会に加入する対象者やどの程度、株を持たせるか、配当金額をいくらにするか等についても詳細を検討する必要があります。また、従業員持株会の運営は基本的には社内で対応することになるため、制度導入にあたっては、社内からの十分な理解が必要となる点も留意すべきポイントです。
お問い合わせ・ご相談
お困りごとやご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。